すねの毛を処理したときの話

学生の頃にバラエティショップをチェックするのが楽しくて、脱毛に関するグッズなどもよく見ていました。 その頃にたまたま見かけたのが「脱毛ワックス」というもので、たまたまテレビのバラエティで男性の毛深い芸人さんが罰ゲームみたいなもので、これを使って毛むくじゃらのすねを脱毛されていたんです。

かなり痛そうにはしていたんですが、とにかく一瞬「ビリっ!」とやるだけで毛むくじゃらがまったくなくなっていたのでかなり興味を持ったんですね。 それで試しにと買って帰ってみたんですが、お値段も手頃で、毛抜きのように1本ずつ処理しなくていいのは便利かも…と思ったんですが、実際使ってみた感じは(?)という感じでした。

脱毛ワックスというものは簡単にいうと粘着テープに貼り付けて剥がしたら毛根から抜けてくれるという感じなんですが、実際さっと抜ける毛はすね、腕程度だと思います。 ワキにも興味があってちょっとだけ試してみたのですが、ワキは皮膚が柔らかいので、とにかく一気に剥がすということが難しいですし、勢いがないと皮膚自体がくっついたまま引っ張られてしまうので、かなりの激痛が走ります。

実質的に使える場所としてはすね、腕…とりわけ皮膚が比較的強いしっかりしている場所だけですので、ワキのムダ毛で悩んでいる方には個人的にはあまりお勧めできません。

さらに特に敏感肌な方とか、お肌の表皮が薄いような女の子にはこういった貼り付けるタイプの自己処理は、肌への負担があまりにも大きすぎますので、逆にトラブルになってしまう可能性が高くなります。 自己処理は総じて「健康なお肌を痛めつける」という傾向がありますので、お肌に配慮した本格的な脱毛の方が安心ですね。

脱毛ワックスを使っている方はトラブルについてもよくご存知だと思いますが、私も実際にすねの毛に使ってみたところ、やっぱり「ムダ毛を毛根から無理やり抜く」ということは、後に大きなトラブルを引き起こすものだと今でも強く認識しています。

ワキのムダ毛を毛抜きで抜いた時にも起こったのですが、すねの毛を脱毛ワックスを使って毛根から抜いた時も、また同じように「埋没毛」になってしまいました。 とくにすねの骨に近い部分で「埋没毛」になってしまうと、修復するのにかなりお肌がボロボロになってしまいます。

すねの毛が潜っている部分に無理やりキズをつけて穴を開け、毛をほじくり出して処理するという感じなのですが、このせいなのかこの時期を境に、今まですねの毛は産毛的な柔らかい毛だったのに、男性のようにしっかりした太いムダ毛が所どころ生えてくるようになってしまいました。

後に本格的な脱毛をしたいと思うようになったのは、このすねの毛が産毛ではなくしっかりした太く目立つ毛になってしまったからです。 ワックスなどで無理に毛穴から毛を抜いたり、「埋没毛」を処理したりしているとお肌を守らなければならない、という指令を出すためなのか、明らかに私の場合はムダ毛が太くなりました。

よく男性の薄毛の方で毛根を刺激すると毛が元気に生えてくるなんて話を聞きますが、あながちそれはウワサではなくて、ムダ毛も刺激してしまったことでよりしっかりと生えてきて、お肌を守らなきゃ!となったんではと思います。

そういったことを踏まえても、脱毛はできるだけお肌に刺激の少ない方法を使って行う事が望ましいですね。 本格的な脱毛なら、ムダ毛だけにダメージを与えるので本当に安心ですから。

女の子なら皆さんご存知だと思いますが、お肌はとてもデリケートなもので、洗顔するにしてもマッサージするにしても、ごしごしとお肌を擦ってはいけないものですよね。

私が若い頃にはそういった知識があまり公開されていませんでしたので、顔を洗うにしてもウォッシュブラシなるものが存在していて、ニキビに悩んだ時には一生懸命それでお肌を擦っていました。今考えるとなんて恐ろしいことをしていたんだろうと思います。

脱毛も自己処理だとかなりお肌を擦ったりキズつけるもので、「脱毛ワックス」の場合も実際に表皮に粘着力の高いワックスを貼り付けて、一瞬で剥がすということなので、どれだけ恐ろしい刺激を与えているか考えただけでも問題があることは分かりますよね。

実際私も今のようにお肌の知識がないころに使いましたが、表皮の大事なバリア機能をわざわざ剥がし取っているわけですから、私はあまりこの脱毛方法が合わなかったんでやめてしまいましたけれど、続けていたらどんどん「乾燥肌」が進行していたと思います。

毛抜きで抜くのも毛穴にとっての負担なうえ、さらにお肌全面に貼り付けるなんて、どう考えても負担が大きすぎますよね。 私のように何となく早く処理できて良さそう…と試してみた方もいると思いますが、ずっと使い続けている方って果たしているのかな?と思うくらい、現実的でない方法だと思います。

キレイになりたくて脱毛しているのに乾燥肌になったり肌荒れを起こさせるなんて、わざわざお金を払って買った商品ですることではないなと感じます。 ただ私たちの若い頃には、今のような本格的な脱毛が安くて簡単に受けられなかったので、何らかの自己処理でリスクを負いながら脱毛するしかなかったのですが…。

脱毛ワックスを使ってみて、実際に感じたことがいくつかありますのでここで書いていきたいと思います。 バラエティ番組で見たときはかなり簡単そうで、一瞬でムダ毛が抜けるのでかなり効率的で良さそうと感じたんですが、実際に使ってみると、ワックス使う自体にもかなり面倒ですし、お肌にも大きく負担をかけていることに気付きました。

コツをわきまえていないと、さっと剥がしているつもりでも肌が張り付いてきてしまうので、痛みはかなりのものですし、さらに痛いからとためらいながら処理すると何度も同じことを繰り返さなければならなくなって、剥がした部分が赤くなってしまったこともありました。

今考えるとこのとき、軽い内出血を起こしていたように思いますし、とにかく肌からはがれる時の痛さが辛いです。 その上、ワックスを使って脱毛しようとする場合、それなりにムダ毛の長さがないとまったく効果がありませんので、処理する段階でそこそこムダ毛を伸ばしておかないと、お肌を傷めるだけでまったく脱毛できなくなってしまうのです。

いつも毛がない状態に保ちたいのに、処理するためにムダ毛を伸ばさないといけないなんて本末転倒ですよね。 実際私の場合は処理した後からムダ毛が所々濃くなってしまい、今までよりさらにムダ毛の悩みが大きくなってしまいました。

ですので結局この脱毛ワックスも使ったのは1ヶ月程度で、すべて使いきらずに捨ててしまったので、買ったお金がムダになってしまいました。 こういった自己処理を続けるコスト程度で、今では脱毛サロンできちんと生えてこなくすることができるので、早く本格的に脱毛を完了する方が、トータルコストで考えると結局安上がりになりますよね。

Copyright © 2015 脱毛して綺麗な肌になりたい All Rights Reserved·